青少年健康センターロゴ
 ホーム はじめての方へ 活動の紹介 団体の紹介 出版物・研究成果 リンク このHPについて



2014年度思春期カウンセリング講座「理論講座」中期のお知らせ

 理論講座

 "ひきこもり家族” のライフプラン2"
−親亡き後の暮らしを考え具体化する-

 2014年度・思春期カウンセリング講座「理論講座」中期として、前回好評だったファイナンシャルプランナーの畠中雅子先生にパート2として"親亡き後の暮らしを具体化する"で考えていただきましたのでご案内申し上げます。
 奮ってのご参加をお待ちしております。なお、単発受講はご遠慮願います。

講座のねらい−担当 講師   畠中 雅子
 
昨年の講義では、親亡き後の“ライフプランの考え方”についてお話ししました。親が持つ資産を活用すれば、お子さんの生活設計まで成り立ちそうな方、とてもではないけれど、自分たちの生活で手一杯な方、どちらのケースもありましたが、まずは現実を直視してみることが重要だと認識していただいたのではないでしょうか。
 生活設計が成り立ちそうな方でも、兄弟姉妹との協力体制は重要なポイントになります。ひきこもっていない側のお子さんたちにどのように理解を求めるのか、どのように連携を取っていくかなどを、参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。
 初めて参加される方もいらっしゃるはずなので、1日目の最初は、昨年の講義を全般的に振り返ります。お子さんのライフプランを考えるためには欠かせない親側の財産の点検については、金融資産だけではなく、不動産の活用も検討します。合わせて、親側の介護に対する備えなどもお話しします。親側の暮らしぶりやリスクを整理した上で、2日目はお子さんがひとり遺された後の生活設計を考えていきます。

・講座スケジュール
******************

月 日 内   容
1 11月19日 親側のライフプラン”の点検と兄弟姉妹との連携
2 26日 お子さんの側のサバイバルプランを考える

 

期 間 2014年11月19日、11月26日(全2回)
  各水曜日14:00〜16:00
 
講 師

畠中 雅子先生(ファイナンシャルプランナー)
 

会 場

真生会館 会議室 3F 地図
 

定 員

受講料      

40名

全2回     12,000円
(当センター維持会員は1割引)
 

振込先

みずほ銀行 池袋支店
普通預金 2179286 公益社団法人 青少年健康センター
 

申し込み・
問い合せ

公益社団法人 青少年健康センター
〒112-0006 東京都文京区小日向4ー5ー8 三軒町ビル102
電話 03-3947-7636 FAX 03-3947-0766 (月〜金10:00〜17:00)

バック


 

公益社団法人・青少年健康センター 112-0006 東京都文京区小日向4-5-8 三軒町ビル102
TEL 03-3947-7636(代表)  FAX 03-3947-0766  E-Mail info@skc-net.jp

----Copyright(c) 2002 Seisyonen Kenko Center All rights reserved ---